KTC

KTC News Release

KTC(京都機械工具株式会社)のニュースリリース配信用サイトです。

News Release

2011年11月15日

KTC京都機械工具株式会社
このページに掲載されている情報は、本ニュースリリースが発行された時点のものです。価格・仕様・サイズ・カラー・セット入組内容等は、製品発売後に変更される可能性があります。(表示価格に消費税は含まれておりません。)

デジラチェ[メモルク]シリーズを発売に先駆けて発表

KTC(京都機械工具株式会社)は2011年11月16日(水)から18日(金)までの3日間、東京国際展示場(東京ビッグサイト)で開催される「ものづくりNEXT↑2011」にて、進化形デジタルトルクツール「デジラチェ」シリーズの新ラインナップとして、「デジラチェ[メモルク]」シリーズを2月の発売予定に先駆けて発表いたします。

進化形デジタルトルクツール「デジラチェ」は、トルクレンチをもっと身近で扱いやすいものにし、勘に頼らないトルク管理を提案していきたいというコンセプトのもとに開発されたデジタル式トルクレンチで、2005年発売以来好評を博してまいりました。

近年、大型車のホイールボルト折損による車輪脱落事故や新幹線のパンタグラフ大破事故などボルトの締結を主要因とする事故をうけ、トルク管理の重要性と、安全を支える、メンテナンスの社会的責任が問われています。また、こうした人命に係わるものだけでなく、顧客に対する品質保証を担保するためや、設備保全の確実性を高めるため、様々なメンテナンスシーンで締付けトルクを統合的に管理するニーズが高まっています。

そうしたことを背景に、この度の新製品デジラチェ[メモルク]シリーズは、曖昧な「作業」から脱却し、作業履歴を残す確かな「管理」をご提案するため、これまでの「デジラチェ」シリーズの基本性能を継承しつつ、トルク測定作業の履歴を自動的に「記録・管理」する新たな機能を付加しました。

この製品は、ハード(デジラチェ)+システムソフトウェアからなり、デジラチェで行った作業記録(データ)を無線、またはUSBにより、パソコンへ転送することができます。これまで、「トルク管理は行っていても、記録を残していない」、または「手書きした後にパソコン入力をしている」などといった作業を、デジラチェ[メモルク]シリーズのトルク管理システムを導入することにより大きく改善、「作業の効率化」と、「データの信頼性向上」を実現することができます。

また、こうした基本システムに加え、「データ検索」や「管理者設定」「作業手順管理」などお客様のニーズに応じたカスタマイズが可能な、デジラチェ[メモルク]プロフェッショナル版(仮称)も同時に発売予定です。尚、発売は2012年2月を予定しており、価格は未定です。

これからも、KTCは「安全、快適、能率・効率」を製品開発のキーワードとして、あらゆるトルク管理のニーズに応えるために、「デジラチェ」シリーズを進化させてまいります。

製品写真

デジラチェ[メモルク]
デジラチェ[メモルク]

関連リンク

News Release

2011年11月15日

KTC京都機械工具株式会社
このページに掲載されている情報は、本ニュースリリースが発行された時点のものです。価格・仕様・サイズ・カラー・セット入組内容等は、製品発売後に変更される可能性があります。(表示価格に消費税は含まれておりません。)

東京モーターショー2011に出展します

KTC(京都機械工具株式会社)は2011年12月2日から11日までの10日間(一般公開は12月3日(土)から)、東京国際展示場(東京ビッグサイト)で開催される「第42回東京モーターショー2011」に出展いたします。ブース番号は西展示棟W1010です。多数のご来場、お待ちいたしております。

KTCブースデザイン(イメージ図)
KTCブースデザイン(イメージ図)

関連リンク

News Release

2011年11月01日

KTC京都機械工具株式会社
このページに掲載されている情報は、本ニュースリリースが発行された時点のものです。価格・仕様・サイズ・カラー・セット入組内容等は、製品発売後に変更される可能性があります。(表示価格に消費税は含まれておりません。)

ものづくりNEXT↑2011に出展します

KTC(京都機械工具株式会社)は2011年11月16日(水)から18日(金)までの3日間、東京国際展示場(東京ビッグサイト)で開催される「ものづくりNEXT↑2011」に出展いたします。

「ものづくりNEXT↑」は、設計・生産・保全の連携を促進する場として、経営層、設計者、エンジニア等に向け、ものづくり革新・改善を支援する各種製品・サービスを一堂に集め情報発信する5つの専門展示会です。

KTCでは、「トルク管理という安全をすべてのひとへ」をコンセプトに高精度なトルク管理を、かつて無い容易さと作業性の高さで実現したデジラチェシリーズの新製品をご紹介。更に、工場の5Sを推進するための収納方法についてご提案いたします。

ブース番号は東ホール6C-02です。多数のご来場、お待ちいたしております。

ご来場事前登録はこちら
https://jma.smktg.jp/public/seminar/view/13
(事前登録いただくと、入場登録料¥1,000(税込)が無料となります。)
KTCブースデザイン(イメージ図)
KTCブースデザイン(イメージ図)
デジラチェ(GEK060-R3)
デジラチェ(GEK060-R3)

関連リンク

ニュースカテゴリー
過去のニュース
KTCウェブサイト
RSSフィード RSS
Powered by
Serene Bach 2.19R