KTC

KTC News Release

KTC(京都機械工具株式会社)のニュースリリース配信用サイトです。

News Release

2014年09月10日

KTC京都機械工具株式会社
このページに掲載されている情報は、本ニュースリリースが発行された時点のものです。価格・仕様・サイズ・カラー・セット入組内容等は、製品発売後に変更される可能性があります。(表示価格に消費税は含まれておりません。)

国内最大手 機械工具メーカーKTC、京都発EVベンチャーGLM社と事業提携

KTC〈 本社・京都府久世郡久御山町:代表取締役社長 宇城邦英/証券コード5966 〉は、電気自動車(EV)の開発販売を行うGLM株式会社〈 本社・京都市:代表取締役社長 小間裕康 〉と、日本初EVスポーツカー「トミーカイラZZ」のデジタルハンドメイド化において、事業提携(ベンチャー企業が製造するEVの安全・安心なものづくりを実現するための事業連携)を行います。

GLMが本年7月より出荷を開始した「トミーカイラZZ」は、現在同社舞鶴工場での本格量産開始に向け、準備が進められていますが、一台一台丹念に職人がハンドメイドで仕上げる少量生産車ならではの繊細さと、自動車では不可避な安全・安心な品質水準の向上が課題となっていました。

このGLMの課題を解決すべく、KTCでは、デジタルトルク管理ツール「デジラチェ[メモルク]」を用い、専用のネットワーク環境を構築することで、組立工程をオンタイムでデジタル管理し、品質向上および組立工程の履歴管理(トレーサビリティ)を実現させます。

今回の両社の連携で、京都からものづくりの変革を起こし、国内でも稀有なスポーツカーの少量・高品質なものづくりの実現を目指します。

■GLM株式会社について

京都大学発ベンチャーとして2010年4月に設立。京都の生んだスポーツカー「トミーカイラZZ(ジージー)」をEVとして復活させました。京都には、名だたるテクノロジー企業による、EV産業クラスターが存在し、GLMはこれら企業との共同開発を通じ、世界でも最もハイクオリティなEV開発を進めています。

トミーカイラZZ
トミーカイラZZ
デジラチェ[メモルク]
デジラチェ[メモルク]
履歴管理システム開発の様子
履歴管理システム開発の様子
将来的な組立工程トレーサビリティシステムイメージ
将来的な組立工程トレーサビリティシステムイメージ

関連リンク

News Release

2013年06月10日

KTC京都機械工具株式会社
このページに掲載されている情報は、本ニュースリリースが発行された時点のものです。価格・仕様・サイズ・カラー・セット入組内容等は、製品発売後に変更される可能性があります。(表示価格に消費税は含まれておりません。)

KTCがトルク測定機器で医療業界へ進出

KTC(京都機械工具株式会社、本社:京都府久世郡久御山町、代表取締役社長:宇城 邦英/証券コード5966)は、歯科用インプラント手術向けのトルク測定機器を開発し、新たに歯科医療分野に進出します。

弊社は2012年7月1日に医療機器の製造販売業および製造業の許可(薬事業許可)交付を受け、以来、保有するデジタルトルク計測技術をベースに歯科医師や大学などと共同開発を推し進めて参りました。

今回開発した歯科用インプラント手術器具「newton-1」(2013年夏発売予定)は、口腔インプラント外科手術のインプラント締結時に使用され、締結時の微小トルク値を正しくデジタル表示させることで、インプラント締結時の安心感・信頼性を飛躍的に高めます。今後、年間1億円超の売り上げを目指すとともに、新事業として医療分野の本格展開を図ります。

歯科用インプラント手術器具「newton-1」
歯科用インプラント手術器具「newton-1」

News Release

2012年10月26日

KTC京都機械工具株式会社
このページに掲載されている情報は、本ニュースリリースが発行された時点のものです。価格・仕様・サイズ・カラー・セット入組内容等は、製品発売後に変更される可能性があります。(表示価格に消費税は含まれておりません。)

株式会社タミヤとのコラボレーションについて

KTC(京都機械工具株式会社)は総合模型メーカーの株式会社タミヤとコラボレーションを行い、RC(ラジオコントロールモデル)用ツールセットを開発、供給を開始いたします。

本製品は、RCユーザーの声をフィードバックして製品化したツールセットです。 ケースには持ち運びを考慮した薄型メタルケースを採用。ケースカラーはブルーを基調とし、ケース内の発泡トレイはシリアルNo.とタミヤ・KTCのロゴマークがレーザーマーキングで彫刻され、プレミアム感を演出。入組にはRCメンテナンスに必要となる5アイテムを厳選。オリジナルの六角レンチドライバーは早回ししやすい丸形グリップを採用し、耐摩耗性を高めたブルーの硬質アルマイト加工を施しました。軸部は高硬度と靭性を併せ持ったCr-V鋼を使用し、トルクをかけた時にしなりを感じることができます。また、軸部先端はチタニウムコーティングを施して硬度を増しています。その他、RCの組み立てに必須の5.5mm、7mmの6.3sq.ソケットと、6.3sq.クイックスピンナをセットしました。

本製品は10月28日(日)から開催される「ラジコンホビーショー2012」においてバイヤー様向け受注と一般予約が開始されます。詳しくは、タミヤホームページ「ラジコンホビーショー2012 新製品追加発表のご案内」をご覧ください。

製品写真

NBR390
タミヤ×KTCコラボRC用ツールセット

製品お問い合わせ先

タミヤ・カスタマーサービス

電話:054-283-0003 (静岡)
03-3899-3765 (東京:静岡へ自動転送)
※受付時間:月~金 9:00~18:00 土日祝日 8:00~17:00

関連リンク

News Release

2012年07月31日

KTC京都機械工具株式会社
このページに掲載されている情報は、本ニュースリリースが発行された時点のものです。価格・仕様・サイズ・カラー・セット入組内容等は、製品発売後に変更される可能性があります。(表示価格に消費税は含まれておりません。)

KTCとAPEX TOOL GROUPとの業務提携について

KTC(京都機械工具株式会社、代表取締役社長:宇城 邦英/本社:京都府久世郡久御山町)は、日本の工場生産ライン向けアセンブリーツール市場戦略を加速するため、電動アセンブリーツールのグローバルメーカーAPEX TOOL GROUP(エイペックスツールグループ、本社:米国メリーランド州)と業務提携を行い、同社のClecoブランド製品の取り扱いを8月1日より開始致します。

■背景と目的

KTCはこれまで汎用工具や自動車産業向け専用工具などを中心に、様々なメンテナンス、組み立て作業における安全、快適、能率・効率、環境を追求してまいりました。そして、本年2月1日に進化形デジタルトルクツール「デジラチェ[メモルク]」シリーズをリリースし、工場生産ラインにおける締め付け不良や締め忘れを防止し、高品質で生産性の高いものづくりを支援するべく、アセンブリーツール市場への参入をスタートさせました。

今回、コントローラにより締め付け作業を最適にコントロールするClecoブランド製品で、システムパワーツールのグローバルメーカーとして知られるAPEX TOOL GROUPのアジア統括「Apex Power Tools Trading(Shanghai) Co., Ltd.」と提携することで、アセンブリーツール市場への取組みを強化すると共に、Clecoのコントローラと「デジラチェ[メモルク]」との接続も視野に入れた展開を目指してまいります。

■APEX TOOL GROUPについて

APEX TOOL GROUP(以下ATG)は、世界的巨大企業ダナハーコーポレーションの工具部門ダナハーツールグループと米国独立メーカークーパー・インダストリーズの工具部門クーパーツールの2つの工具メーカーの出資によって2010年7月に設立された従業員数7600人のグローバル企業です。生産拠点は世界6拠点(米国1工場、カナダ1工場、ブラジル1工場、ヨーロッパ1工場、アジア2工場)、販売拠点は世界32拠点(北米17、南米2、ヨーロッパ8、アジア4、オセアニア1)で、売上は約13億ドル(約1,040億円)。取り扱い品目としてはハンドツール、パワーツールの他プロ向けの電子ツールとして電子機器組み立て産業用に高精度はんだ付け、切断、モーションコントロール、換気ソリューションを提供しています。

提携するATGの「Apex Power Tools Trading(Shanghai) Co., Ltd.」は東アジア地区(中国、台湾、韓国及び日本)の統括と同地区におけるATGマーケティング、販売、物流、調達、製造など全ての業務を行っています。

■提携業務内容の詳細

提携によりKTCはATGのClecoブランド製品、コードレス・有線DCツール、コントローラ、アクセサリの日本国内総代理店、修理・校正窓口となります。なお、既存代理店の業務も引き継ぎしてKTCで担当することとなります。

KTCでは既存営業体制とサービス体制をベースに「デジラチェ[メモルク]」及びATGのClecoブランド製品の販売・サポート業務を統合して事業展開を行います。この提携により将来的に数億規模の売り上げを目指します。

APEX TOOL GROUP
APEX TOOL GROUP ロゴ
ATG Clecoブランド製品
(写真左から)Apex Power Tools Trading(Shanghai) Co., Ltd.
統括責任者 Anton Hu氏、
北アジア統括責任者 Eric Cao氏、
弊社代表取締役社長 宇城邦英
ATG Clecoブランド製品
ATG Clecoブランド製品
KTC デジラチェ[メモルク]
KTC デジラチェ[メモルク]

関連リンク

News Release

2008年12月19日

KTC京都機械工具株式会社
このページに掲載されている情報は、本ニュースリリースが発行された時点のものです。価格・仕様・サイズ・カラー・セット入組内容等は、製品発売後に変更される可能性があります。(表示価格に消費税は含まれておりません。)

KTC、エアツール世界トップメーカー「インガソール・ランド」とのアライアンスを結成

KTC(京都機械工具株式会社)は、2009年2月より、Ingersoll Rand(インガソール・ランド、本社:米国 ニュージャージー州モンターベル、設立1905年、従業員:55,000名、略称:IR社)の生産設備機器事業部と戦略的アライアンスを結成し、IR社ブランドのエアツール及びコードレスツールを主体に、IR社が保有する生産設備機器関連商品全般を日本国内市場において販売いたします。

IR社は、アメリカに本拠をおくエアツールの世界トップメーカーで、1871年に削岩機メーカーとして創業。1910年代には削岩機のみならずコンプレッサー、エアツール等の商品展開を実施。その製品力や技術力が評価され、現在では、大手自動車メーカーや航空機メーカーなど各業種のトップ企業から指定をうけています。KTCでは、今回のアライアンス結成によるIR社のエアツール及びコードレスツールの取り扱いで、市場ニーズである耐久性・出力トルク・メンテナンス性能などの機能向上と、ラインナップ拡充を実現し、シェア拡大とお客様満足度向上を実現していきます。

今回2009年2月に発売しますアイテムは、コードレスツールのラインナップ拡充として1/2sq.インパクトレンチ、3/8sq.ラチェット、チャック式ミニドリル、アングルグラインダー、ストレートグラインダー、カットオフツール、LEDタスクライトの7点と充電器、バッテリー、カットオフツール専用刃で、価格はすべてオープン価格です。

No. 品名 発売時期 価格
W360 1/2sq.コードレスインパクト 2009年2月 オープン
R145 3/8sq.コードレスラチェット 2009年2月 オープン
D040 チャック式コードレスミニドリル 2009年2月 オープン
GR25 コードレスアングルグラインダー 2009年2月 オープン
GS25 コードレスストレートグラインダー 2009年2月 オープン
GC25 コードレスカットオフツール 2009年2月 オープン
TL10 コードレスLEDタスクライト 2009年2月 オープン
BC10-AP3 充電器 2009年2月 オープン
BL072 リチウムイオンバッテリー(7.2V) 2009年2月 オープン
BL144 リチウムイオンバッテリー(14.4V) 2009年2月 オープン
BL192 リチウムイオンバッテリー(19.2V) 2009年2月 オープン
9520 カットオフホイール(GC25専用刃) 2009年2月 オープン

製品写真

IRコードレスツール
IRコードレスツール
IR 1/2sq.コードレスインパクト
IR 1/2sq.コードレスインパクト W360
ニュースカテゴリー
過去のニュース
KTCウェブサイト
RSSフィード RSS
Powered by
Serene Bach 2.19R